話題あれこれ

f0115935_21114522.jpg

11月8日 タケちゃんはトリミングに行って来ました。
f0115935_21135994.jpg

この写真は、いつもと変わらないんだけど・・・ちょっとね・・・それは、のち程。
でもって、久しぶりにみーちゃんとのツーショットなど↓
f0115935_21173378.jpg

みーちゃんもすっかりお婆ちゃんになってしまって、
もううちの子になって何年立ったのかなぁ・・・フックが4歳の時でしたからねぇ。
元々タケよりずっと大型のアネサンタイプで、のっしのっしと歩いていたものでしたが、
今ではすっかり痩せてしまってずいぶん小さくなってしまいました。
それでも別にどこかが悪いという訳でもなく、健康でいてくれるのが何よりです。
それに相変わらずタケちゃんからは一目置かれていますし(笑


11月9日 妹が美味しいお土産持参で遊びに来ました♪
f0115935_21265987.jpg

こちらのケーキ、全国展開しているお店だからご存知の方も多いかと思いますが、
見た目の可愛らしさも良いけど、何が一番良いって・・・3人で食べるのに、分けるのがすごく楽♪^m^
今風のあっさり甘さ控えめじゃなくて、しっかり甘いケーキ・・・ですよね。
たくさんは食べれないけど、いろんな味を少しずつ、ひと口ずつ味わえるのがお気に入りです。

で、その妹に最近の私の作品を見せたら、すっかり気に入ったみたいで・・・フフフ
f0115935_21412953.jpg

引き出しの中をひっくり返しでんぐり返し・・・あれこれと布地を品定めした上、
マチ付きの手提げと(これは大丈夫)ポーチとティッシュカバーと(こっちはまだ作った事ないのに~)
挙句にカルトナージュのティッシュBOXまで注文出して行きました。
どうせお姉ちゃん、ヒマなんだからいいじゃん・・・って、それはそうだけどね(笑

では改めて↓ (嬉しくて何枚も写真撮ったのよ~~♪)
f0115935_21452673.jpg

生まれて初めて、自分で自分の手提げを作りました(*^^)v
もうネットショップでなんか買わないも~~ん♪ 目指せ!「マイ・トートバッグ」
f0115935_21454476.jpg

ついでにコレも↓ カーテンじゃなくて暖簾です(カーテンの方が楽だったみたい・・・)
f0115935_21481178.jpg

そんなワケで、当分の間、
作ってはUP・・・作ってはUPの予定なので、どちら様も諦めてお付き合い下さいね(笑

   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


さて、話は変わり、今タケに飲ませている必要最低限のステロイド剤は、
血小板減少症と言う病気を抱えている以上どうしても必要な治療なので、仕方のない事とは言え、
やはり数年単位で続いているし、その上年々抵抗力も弱まってくるシニア世代になってきたし・・・
このまま何事もなく済むことはないだろう・・・とは思ってました。

それがね~・・・やっぱり出たんですよ、皮膚病と言うかたちで(T_T)
シーズーにしては珍しく、
皮膚だけは(だけは・・・)丈夫ですよねぇって、病院でもずっと言われていたのに(泣
f0115935_2282551.jpg

それも複合的に出てしまいまして・・・「マラセチア性皮膚炎」と「膿皮症」です。

マラセチアは、健康体でも保有している常駐菌(外耳炎に多い酵母菌の一種)なので、
これだけ長い期間ステロイドによる皮膚の免疫機能が低下していれば、いつかは出ると思っていましたが、
まさか「膿皮症」まで一緒に出るとは思いませんでした。

医原性及び免疫不全性膿皮症と言われるもので、
これも同じようにステロイドの長期投与の結果、自己免疫力が低下し、
ブドウ球菌などの細菌が感染して発症するそうです。
細菌の感染が遠心状に広がっていくので、写真でわかるように丸い円形状となります。
皮膚が丸くカサブタのように固まりボロボロと落ち、周囲に広がっていくと同時に中心は治ってきて、
治った後に黒い色素(シミ)が残る事があり、その為ブル・アイ(牛の目)とも呼ばれるとか。
お腹側に出来たのはキレイに治って跡は残っていませんね。

そうなんですよ~
皮膚感染治療薬のビクタスSMTクリームを塗ると、2~3日でこの丸いのは治るのです。
ところが、その数日後にはまた別の場所に出来ている・・・これの繰り返しで全然完治しません。
局所的にいくらやってもラチがあかないので、膿皮症には抗生剤の服用(1週間後再診)と、
マラセチアには抗真菌剤含有の薬用シャンプーを週1で続けていく事になりました。
本当は、抗真菌薬の服用も必要なのだけど、何しろステロイド剤も飲んでいるので・・・

もちろん胃粘膜保護剤と、これまで通り肝臓の薬は一緒に飲んでいますが、
せっかく肝臓の数値も正常値に近くなってきたのに~・・・また上がるかもしれません、ガックリ。
それに今はまだこの皮膚病だけでおさまっていますが、
この先、年と共に何がおこるかわかりませんし・・・本当に、ステロイド剤と言う薬は難しいです。
by st-fukku | 2011-11-10 23:03


<< あきらめないヤツ おじゃま虫 >>