<   2017年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

7月19日 食欲回復とブログ休止のお知らせ

昨夜は、夕方から夜中の2時頃まで、タケの様子を見ていましたが、
うちへ戻った安心感からか、ほとんど自分のベッドから動く事もなく、クゥ~クゥ~・・と、朝まで熟睡してくれました。

入院中、夜になるとゲージの中でクルクル回ってしまって、
点滴の管が絡まって何度か先生が直してくれたとの事なので、やはり思っていた以上のストレスはあったようです。

なので今後は、もちろん先生の診断による全身状態の把握は一番重要な事ですが、
飼い主にしかわからないタケの性格や、我が家での静かな暮らし、また年齢的なものも含めて、
出来る限り入院での治療は避け、通院を優先的に考えて頂くように私からお願いしました。

また今後の治療方針なども、私が今疑問に思う事を率直に質問したところ、
それに対して先生からは、わかりやすく懇切丁寧に、又はっきりとしたお返事を頂いたので、納得しました。
この2つが、転院と言う、私にとってはとても勇気のいる決断をした結果でもあるように思います。


で、肝心のタケちゃんの食欲ですが、
ぐっすり眠った今朝の事、6時半頃には目が覚めてベッドから起き出して来たのを見たら、
何だか調子が良さそうな気がしたので、リビングでくつろいでいる時に、ダメ元でヒルズのa/d缶を指に付けて出してみたら、
何とペロペロし始めたんですよね~~(思いがけない展開にビックリ!)

いやいやビックリしている場合ではないので、それから何度も指にすくってはお口に入れてあげるのを繰り返し、
タケの方も大して嫌がらずに、モグモグゴックンを繰り返し、30gを完食しました。
調子に乗って、そばに置いてあったニュートリカルも何回か舐めさせて(^^; 無事に朝ごはんは終了~♪

これがきっかけになってくれたら言う事はありません。でも心疾患や腎疾患は食欲の不安定さと闘うような病気なので、
引き続き一喜一憂の毎日になりそうですが、でも何かが動き出してくれたような気がしています。
そしてこれからは、飼い主にしかわからない事もたくさんある中、特に飼い主のカンと言うか、
こうしたちょっとしたチャンスを見逃さないようにしていかなければならないと、改めて感じました。

タケの介護は・・・「介護」と言う言葉を使うようになってしまったのは残念ですが、でもそれが現実なのですから、
(前にも書きましたが)しっかり受け止めて、今私に出来る事を精一杯やっていくだけです。
それには、病院との連携と信頼だけでなく、私の気持ちのあり方も大切だと思っています。
飼い主としてもっと自信を持つ事、いろいろな事に落ち着いて冷静に対応する事、物事を余裕をもって見る事など、
難しいとは思うけれど、それがタケちゃんの為なら何だって出来ると思うし、出来るように努力します。


そんなワケで、この後数ヶ月は、このブログは完全にお休みを頂きますが、
取りあえず、私とタケの一番近い目標は、8月の15歳の誕生日を無事に迎える事ですので、
夏を越し秋を迎えた頃、また嬉しいご報告が出来るように、タケちゃんと一緒に頑張っていきたいと思っています(^^)

coronさん・こまめさん・獅子丸ママ・あだもさん・ぱふぃママ・7人ママ、
今日もまた頂いたコメントへそれぞれにお返事を返せなくてごめんなさいね。
でも「タケちゃん、おかえり~!」と言ってもらった事が、とても嬉しかったです(^^)ありがとう♪
またご自身の貴重な体験談や様々な情報など、
心配して入れて下さったコメントは、真摯に受け止めて参考にさせて頂きました。心から感謝します。

みなさんお忙しい中、これまでたくさんのご心配や応援を、本当にありがとうございました!<(_ _)>

「タケちゃん頑張って!・ずっと応援しています!・祈っています!・フックママ身体に気を付けて・・・」
一つ一つの優しい励ましの言葉に、これからも助けられていくと思います(^^)

そしてタケと同じように闘病中のお友達ワンコのみんなも、これから厳しい季節になるけれど、
どうか無事に夏を乗り越えて、これからもずっと元気なお顔を見せてくれますように。


*勝手を言って申し訳ありませんが、今後はネット環境から外れてしまう事が多くなりそうなので、
ブログ管理上、いったんコメント欄を閉じさせて頂きました。



by st-fukku | 2017-07-19 13:53

7月18日 退院しました

夕方6時頃、おうちへ戻って来ました。

今までのように、大好きなおうちへ戻れて「嬉しい、嬉しい♪」というような様子ではないのだけど、
いつもの場所でゆったり寛いでみたり、ふと気づくと私の布団の枕の横で寝ていたり、
時々目をあけて周りをキョロキョロ見ては、安心したようにまた眠るというのを繰り返しています。

途中何度か起き上がってお水を飲んだり、チッコもシートの上でしていますが、
ただ食欲は、入院中先生方もいろいろ手を尽くして下さったのだけど、ほとんど何も食べなかったそうです。

私も、目を覚ました時に、考え着く限りのいろんなモノを用意してお口の前に差し出してみたけれど、
嫌そうに横を向いたままペロペロもしてくれません。
それ以上やっていると、フラフラしながらその場から逃げて行きそうにするので、
今夜はもう無理に食べさせようとするのはやめました。明日になったら何か少しは食べてくれると良いのだけど・・・

退院時の腎臓の血液検査は、
BUNは、7月16日113→7月17日91→7月18日65 とまだ高いのだけど、
肝心のCREAは、7月16日の計測不可から、7月17日は2.2→7月18日は基準値の1.7まで回復しました。

並行して診てもらっていた心肺機能も、
レントゲンの結果では、肺の画像もきれいで肺水腫にはなっていない事もあって、
先生のお話では、利尿剤の投与を打ち切ったのと、静脈点滴の効果がうまく出たようですとの事でした。

なので、明日からは、何とかこの状態を保ったまま、いかに体力を回復させるかが一番重要になってきたので、
先生からも「とにかく何でもいいから好きなものを食べさせてあげて下さい」と言われています。
そう言われて、今夜の私の頭の中は「タケの好きなもの・・タケの好きなもの・・・」でいっぱいです。
今ならね~~何でも食べさせてあげるのに・・・タケちゃん(^^;


この食欲を含めて、タケのその日の状態を、毎日午前中に先生に電話して、
通院で皮下輸液にするのか、半日入院で静脈点滴にするのか、または何か別の方法を考えるか、決めていく事になりました。
明後日の木曜日は休診なのだけど、朝の様子を電話して下さいと言われています。

今日の診察の最後に、先生から、
「タケちゃんにとって、これからの毎日は本当に大事になってきます。何とか1日1日を無事に過ごして、
その繰り返しで1日でも長く機嫌よく暮らしてもらえるように、お母さん、一緒に頑張っていきましょう!」と言ってもらって、
不覚にも、思わず先生の前で泣き出してしまいました。
今の私の願いそのものだったので、この言葉が本当に心強く有難いと思っています。


パルママ・7人ママ・coronさん・あだもさん・こまめさん・らむりんさん・yukoさん
いつも、ご心配と温かい応援や貴重な情報のコメントを頂き、本当にありがとうございます。
それぞれにお返事をしなくてはいけないのだけど、こちらでまとめさせて頂きました。ごめんなさい<(_ _)>

明日から、今まで以上にタケちゃんとの時間を、1分1秒を、大事にしていこうと思っています。



by st-fukku | 2017-07-18 21:14

7月15日 再入院しました

今日の夕方、転院先の病院へ入院しました。

心不全から腎不全を併発して、血液検査の腎臓の数値は、
これまで私が見た事もないような高い数値が並んでいて・・・すぐには言葉もありませんでした。
6/28 BUN23 → 94
6/28 CREA1.0 → 計測不可

ここ数日、何も口にしなくなってしまって、1日中寝ているだけだったので、
シリンジでお水だけは何とか飲ませていたのだけど追い付かず、脱水症状も出ているようです。
通院して皮下輸液をしているような状態ではないという事で、そのまま入院治療となりました。

一応、3日間の入院予定で、ある程度まで数値が回復していれば退院出来るようですが、
たぶんそれも一時的なものになりそうなので、楽観はしないようにと言われています。

体調が悪い中、慣れない病院で、ひとり緊張しながら頑張っているだろうタケを思うと、
心が張り裂けそうなくらい辛いけれど、
でも何とか乗り越えて、もう一度おうちでウマウマ♪とご飯を食べさせてやりたいと思っています。


そして、いつもご心配と応援のコメントを入れて下さるみなさん、優しいお気持ち本当にありがとうございます。
退院しても、当分タケから目を離せない毎日となりそうなので、ブログはしばらく休止します。ごめんなさい。

昨夜はいったんコメント欄を閉じたのだけど・・・いたたまれない気持ちでいっぱいになってしまって・・・
このままだと必要以上に自分を追い込んでしまいそうなので、元に戻しました。
これまでも、みなさんからの言葉一つ一つに助けられていたのだとつくづく感じています。ありがとう!

この写真は、先日トリマーさんに来て貰って、おうちで簡単にトリミングをしてもらった時のものです。
タケちゃん・・・どうか、もう一度元気になっておうちへ戻って来れますように!
f0115935_23183082.jpg



by st-fukku | 2017-07-16 05:43

7月9日 ネコ缶と安納芋

f0115935_12282556.jpg
タケちゃん・・よだれと、お口の端に黄色いモノが・・・(^^;

1週間以上、ほとんど何も食べなかったタケが、やっとお口に入れる気になってくれました。
きっかけは・・・ネコ缶。

み~ちゃんと暮らしていた頃、彼女の食べ残しのネコ缶を、何とも嬉しそうに食べていたのを思い出して、
もしかしたら・・と思って、ダメ元でお口の前に差し出したところ、何と食いつきました!\(^o^)/

それが始まりで、いろんなモノを少しずつ食べるようになり・・と言っても、5gとか10gとかの世界だったのだけど、
お友達ワンコのじゅうべえちゃんが、安納芋を美味しそうに食べているのをママのブログで見て、
真似して取り寄せていた冷凍便の焼き芋を、昨日は昼に50g、夜に40g、今日も午前中に50gと食べるようになりました。

ちなみに、前には食べていた普通のサツマイモも、レンチンして食べさせようとしたんだけどダメだったのよ。
グルメなじゅうべえちゃんのおかげね、ありがとう!(^_^)
f0115935_12284199.jpg
今日は、この安納芋のペーストにササミ主体の介護食を混ぜてみましたが、違和感なく食べてくれたし、
この調子でいったら、お薬なんかも包んで食べさせる事が出来るかもと期待しています。
(今は、直接のどの奥に入れて飲みこませているけど、ストレスが掛からない方が良いものね)
f0115935_12285311.jpg
このお芋は、1個80gくらいの小さいものなので、1食分をレンチンして食べさせるのに調度良い大きさなの。
ちょっと多いかなと言う時は、私が途中で美味しく頂いています(^^)  取り寄せているのは→ ココ
同じ静岡県内にあるメーカーさんで、前日に注文すると翌日午前中には届くのでとても便利です。
今我が家の冷凍庫は、じわじわとお芋さんに侵略されつつあります(笑

昨日は、飲んでいる薬の効果を確認してもらう為に病院へ行って来ましたが、
幸い、体調は安定しているので、このまま1週間、同じ薬を継続していく事になりました。
先生にも、ネコ缶から安納芋にいたる話を伝えたところ、
「ほぉ~・・何がきっかけになるかわからないものですね~~それは良かった! 
今のタケちゃんには、柔らかいネコ缶も良いと思うし、お芋もお腹に優しいから合っていると思います。
これがきっかけになって、いろんなものをまんべんなく食べられるようになると良いですね」との事でした。
f0115935_12290664.jpg
今はお昼過ぎ、タケはお腹もいっぱいになって、気持ちよくネンネしています(^^)
f0115935_12291553.jpg
私の寝室は、酸素室の置き場所を確保するのにちょっと家具類を整理したので、今までよりずっとスッキリしました。
酸素室の横にはフックちゃんコーナーがあって、いつもタケを見守ってくれています(^^)



by st-fukku | 2017-07-09 13:18

7月5日 肥大型心筋症

f0115935_08550491.jpg
ここ数回の通院治療の結果、呼吸数はほぼ安定して発作を起こす事もなく、落ち着いてきました。
酸素室に入ったのは6月下旬の2回だけで、その後は使っていません。毎日おうちの中でゆったり暮らしています。
f0115935_08545556.jpg
この状態に合わせて、少しずつ何回かに分けて、様々な検査をしてもらってきました。
血液検査・甲状腺機能検査・膵炎のリパーゼ検査・レントゲン検査・エコー検査など。
心臓の大きさでは肥大は見られず、僧房弁の動きも正常で、血液の逆流もないので心雑音もほとんどありませんでした。

昨日は、午前中の診療が終わって院内が静かになった状態で、全身の血圧検査を受けました。
少し低血圧気味ではあったけど、ほぼ正常の数値が出て、これで全ての検査は終了。

その結果、5月下旬から不調と回復を繰り返していた、肺の炎症と食欲不振。
肺炎症状が出たり肺水腫になりかけたりしていたのは、
「肥大型心筋症」が原因ではないかと言うのが最終的な診断となりました。

肥大型心筋症とは、
心臓の左心室の筋肉(左心室壁)が、肥大する(厚くなる)ことで、心室容量が減少し、
1回の収縮で送り出す血液量が減ってしまう心臓病のひとつで、発症原因がよくわかっておらず、突然死も多いとの事。
またそのほとんどがネコで発症し、犬においては極めてまれだそうです。

7月3日の午前中、脱水症状の緩和の為の皮下輸液と、食欲を回復させる為の注射をしてもらって、いったん帰宅し、
その後落ち着いているのを確認してから、1日の診療が終わったあとの夜8時頃、もう一度受診して、
エコーの読影と診断の専門医に、心臓の状態を通常のエコー検査よりも詳しく診てもらいました。
f0115935_08543887.jpg
で、翌日の4日に、血圧検査の結果と一緒に、私もそのエコー画像を見ましたが、
先生の説明される通り、左心室の壁が、正常なものよりも内側に2倍近く厚くなっているのがわかりました。

心臓は一生懸命頑張ってポンプ活動をしようとしているのだけど、左心室が広がりにくくなると、
血液は左心室に入りにくくなるので左心房にたまり、左心房には圧が掛かってしまいます。
さらに肺静脈にも圧が掛かるので、その結果、肺に負担を掛けて肺水腫や胸水が発症し、呼吸困難を起こすようです。

肥大型心筋症の主な症状としては、
 ぐったりして元気がない
 食欲不振
 乾いた咳
 息が苦しそう
 お腹が膨らむ(腹水)
 後ろ足麻痺(大動脈血栓) など

こうしてみると、血栓による後ろ足の麻痺以外は、フックの時(僧房弁閉鎖不全)と同じではないかと思います。
ただやっかいな事に、乾いた咳が出たり息が苦しそうになって、心臓の検査を受けても、
聴診では必ずしも心雑音が聞こえるわけではないそうで、レントゲンなどでも確定するのは難しいらしいです。

もっと早い段階でより詳細なエコー検査を受けさせていれば・・とも思うのだけど、
これは今になって初めてそう思う事であって、
毎回の定期検査では必ず聴診を受け、レントゲン検査も何回も受けてきて、その上元気で食欲旺盛な毎日が続いていた中で、
もっと早い段階・・と言うのがいったいいつだったら良かったのか・・・残念ながら私にはわかりませんでした。

原因不明で遺伝性の場合もあるとか、症例が少ないとか、予防法はないとか・・・
前にどこかで聞いたような・・・と思ったら、麻布の大学病院で免疫不全の血小板減少症と診断された時だった。
同じ言葉を獣医師からまた聞く事になるとは思ってもいませんでした。

うちの子になる前の辛かった年月も含め、これまでもタケはずいぶんいろんな事を我慢して頑張ってやってきたのに、
ここへきてまたこんな思いをさせてしまうなんて・・・本当に可哀そうでなりません。
まったく・・自分の無力さに腹が立ってきます。


そんなワケで、今後の治療方針としては、
この病気の完治を目指すのはもう無理なので、症状の悪化を防ぐ内服薬での対症療法がメインとなります。
肺水腫を起こした時は利尿剤、呼吸を楽にさせる為には血管拡張剤や強心剤、炎症を抑える為に抗生剤、
そして利尿剤との関連で腎臓の数値をはじめ、全身状態をみていく為に定期的な血液検査などが必要になってきます。
f0115935_08544591.jpg
先生からは、おうちで呼吸困難や発作を起こしたなど急変があった場合は、すぐ酸素室に入れる事と、
休診日でも夜中でも良いので、すぐ連絡をして下さいと言われています。
(留守電のメッセージを聞いて折り返し電話をもらえるそうです)
そんな風に言われると、とても心強くて安心な反面・・・・・正直不安もあるのだけど、それは考えないようにして(^^;

とにかく、タケちゃんには、これからはもっと、ゆったりまったり(^^)過ごしてほしいと思っています。
特別な事や刺激的な事は出来るだけ避けて、ストレスのない静かな毎日の積み重ねが一番の特効薬だと思うから。
幸い、元々がおうち大好き!なインドア派だし(笑 病院と上手く連携させてもらいながら、
これまでと同じように私と母とタケちゃんと、3人で平穏無事な生活を送っていきたいと思います。

食欲不振は今日も続いていますが、先生からは、今は無理に食べさせようとするとストレスになるので、
もう少し我慢して様子をみましょうと言われています。
と言っても、もうすでに1週間、ほとんど身に付くような食事はしていませんが・・そのわりに、しっかりしているんですよね~
グッタリして寝込んでいる様子はなく、お水も飲みにいくしチッコもシートの上でちゃんとします。
絶食状態に近い日々なので、食欲が回復した時の為にこんなモノも用意してみました↓ 期待を込めて・・・
f0115935_09122053.jpg
今日の写真は、どれも昨日の午後撮ったものです。 特にコレなんか↓・・・顔つきは良いと思うんですよね~
私がもし1週間も食欲不振が続いたら、とっくに目まいを起こしてひっくり返っていると思うのだけど(^^;
f0115935_08542957.jpg
今日も、朝はお薬だけでした。
さて・・・これからお昼ご飯の時間になりますが、どんな事になるんでしょうか。

いろいろと、ご心配や応援を本当にありがとうございます。また貴重な経験をメールして下さるお友達もいて感謝しています。
当初はワケがわからず、うろたえてオロオロしましたが、こうなったら現実は現実として受け止めなければなりません。
その為にも、あまり焦らずどっしり構えていなくては!ですよね。
これからの季節、心疾患を抱える子には厳しいと思うけれど、何とか無事に15歳の夏を越したいと思っています。
では、タケちゃんと一緒に頑張ります!(^_^)



by st-fukku | 2017-07-05 11:52