2008年 05月 13日 ( 1 )

病院へ

たくさんの温かい応援と、励ましのコメントをありがとうございます。
ご心配をお掛けしてすみません。


タケルの血小板は、
あの強いステロイドの大量投与に対して、何の反応もありませんでした。
今日の血液検査の数値も、これまでと全く同じ、0.0です。

血小板の再生は、大量投与3日目で、ある程度結果が出るそうなのですが、
タケルの場合は今朝の服用で4日目となります。

大学病院で、当初の目標数値が10万と言われて、
そこまで回復すれば何とか先が見えてくると思っていましたが、
あの70%の枠には・・・入らなかったようです。


肝臓の数値も、ALP=ALTはステロイドの影響で、
一気に2000~3000まで上昇すると予想されていましたが、
幸か不幸か 351  GPTもほぼ正常値でした。

そして逆に、赤血球の数値が急に下がってきてしまいました。
貧血の数値に詳しい方ならよくご存知だと思いますが、
RBC(赤血球の数) 542
HCT=PCV(ヘマトクリット値) 37.7%

この2つはこれまでずっと正常値を保ってきたのに、
RBCは初めて基準値を下回り、
PCVも40~50%だったのが、今までの中で最も低い%となりました。


今日の結果は、明日主治医の先生から大学病院へ報告されます。
取り合えず、薬は今のまま続けて、
次回再検査は、投薬開始後1週間の16日(金)となりました。
今日と次回の検査結果を踏まえて、
改めて今後の治療方針が決められると思います。


今の私は、なさけない話ですが、
一度効いたステロイドだし、これまでと違ってあそこまで強いのだから、
今度は大丈夫だろうと言う気持ちが強かった為に、
まさか!・・・というショックが大きくて、頭の中がゴチャゴチャになっています。
何をどう考えればいいのかよくわからないと言うのが、正直な気持ちです。

まだ100%ダメだという事ではない、次の手があるじゃないか・・・と、
必死に考えようとしているのですが上手くいきません。
少し落ち着かないと・・・もっと冷静にならないと、いけないですね。

そんな訳で今夜は、今日のご報告しか出来ません。
コメントを頂いているのにお返事も入れられず・・・すみません。
もう少し時間が立てば大丈夫だと思います。

お友達のみなさん、勝手な事ばかり言って・・・ごめんなさいね
by st-fukku | 2008-05-13 21:50 | Comments(13)