<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

納骨

大雨が降ったと思ったら、朝晩急に涼しく・・・いや、寒いくらいになってしまったので、
慌てて長袖を引っ張り出したとたん、昨日からまた真夏なみに暑くなった静岡です(+_+)
みなさま、残暑厳しき折いかがお過ごしですか。


我が家は、先日の日曜日(25日)に、夫の四十九日の法要も無事に済み、
続いて昨日(29日) 御殿場の冨士霊園に、納骨に行ってまいりました。

そしていつものように、コンデジはバッグに入れて持って行ったのだけれど、
結局・・・1枚も撮ることが出来ずに戻って来ました。


冨士霊園は、東名に乗って1時間半ほどの距離にあったので、
うちのお墓参りは、気候の良い時に、フックやタケを連れてドライブがてら・・・と言うのがほとんど。
見晴らしの良い、スッキリと明るい霊園の芝生で、思い切り走り回らせてやれる場所でもありました。

この写真は↓父の納骨の日。一緒に居るのはフックです。
f0115935_14552577.jpg


こちらは↓去年の秋、タケを連れてお墓参りに行った時のものです。
f0115935_14581390.jpg


f0115935_14584786.jpg


f0115935_1459431.jpg


どこを見てもそんな思い出ばかりが目に浮かび・・・
昨日は、とうとう夫の代わりにタケを遊ばせてやる事も出来なくて・・・・・ごめんね、タケちゃん。

読経の中、ただ・・・タケを抱きしめて、墓前に立っていました。
by st-fukku | 2011-09-30 15:10 | Comments(12)

9月

9月に入り、朝晩めっきり涼しくなってきましたが、
その分、昼間の暑さがどっと堪える今日この頃・・・・・皆様お変わりありませんか。
おかげ様で我が家は、4匹とも^m^元気にやっております。


9月8日 1ヶ月立つのは本当に早いもので・・・・・
あれやこれやとやっている内に、あっと言う間に月命日を迎えておりました。
f0115935_1653436.jpg

あの怒涛のような8月に比べると、本当に不思議なほど、
今は毎日が平穏無事に過ぎていきます。

でも、傍から見ればそんな風に見える日々の暮らしも、
未だに「そこに居ない・・・」と言う事が信じられなくて、
そういう現実をなかなか受け入れる事が出来ずにいます。
母や妹と、夫の思い出を懐かしく話せるようになるには、まだまだ時間は掛かりそうです。


9月9日 夫は62歳の誕生日を迎える予定でした。
そしてこの日、私は母と一緒に、フックの納骨に行って来ました。

フックが亡くなって4年半が過ぎ、その間ずっと手元に置いていましたが、
今年に入り、夫から、フックの事も今の内にきちんとしてやったほうが良いと言われていたので、
私としては、正直なところ、そう言われても・・・と、今ひとつ決めかねていたのだけれど、
今になってやっと気持ちに踏ん切りが付いたと言うか・・・夫の言う通りにする事にしました。
f0115935_1729407.jpg

永代供養のお経の後、フックの遺骨は、
一部を分骨として手元に残し、合同葬の形で、観音様の元へ納骨されました。

納骨に合わせて作ってもらったあの子の位牌です。
f0115935_17504432.jpg

4年半ずっと我が家にあった遺骨の後には、いつもの写真と、
その横にあるリアルタイプのぬいぐるみには、背中にポケットがあるので遺髪を入れて、
そして・・・・・分骨用の小さな蒔絵の骨壷を買って中に遺骨を納めています。
山中塗りの綺麗な金蒔絵で、フックのは桜の柄にしました。
f0115935_17592012.jpg

この骨壷は、夫のもお揃いで買ったので、今は親子仲良く位牌と共に並んでいます。

我が家のお仏壇は、宗派の大きなものが母の部屋にありますが、
それとは別に、手元供養がしたかったので、私の部屋のローチェストの上に、
これもまた小さなミニ仏壇を置きました。
周囲の家具と色目を合わせたので違和感なくすっきりしていて気に入っています。
仏具などもそれなりに小さなものなので、母に言わせると「ままごとのよう・・・」だそうです。
f0115935_181026100.jpg

大きな声では言えないけど・・・我が家は、誰かが亡くなるたびに、ボソボソと小声で、
「え~っと・・・うちは〇〇宗の〇〇派・・・・だったよね?」と確認し合うナンちゃって仏教徒でして、
そのワリには、今母の部屋にある不釣合いなデカイ仏壇は、
これはもう、祖父が亡くなった時に、まだ現役だった父が勢いで買ってしまったものです。
将来、コレを引き継ぐ時が来たら・・・どうしたものかと(+_+)悩みますねぇ。

手元供養と言うのは、私の場合は、たまたま小さな仏壇の形にしましたが、
元々宗教や宗派などには関係のないもので、人それぞれの供養の仕方があるのでしょうね。
写真を飾り毎日手を合わせるだけでも立派な手元供養だと思います。

大切なものを失ってしまった時、人によって考え方や方法が違っても、
そんな風に、何かの形にする事で残された者は救われるように思えます。
自分の気持ちの持って行き場がはっきりしている方が、少し楽になるような・・・そんな気がしますね。
古来からのいろいろな慣習の意味が、やっと最近わかってきた=年になったという事です^^;

そうそう、右下にある金ピカのナンバープレートは、記念に残したミニ「214」です。
お友達に教えてもらって作りました(^_^)

ちなみに、本物の車ですが・・・行き先が決まったんですよ。
私が4月まで勤めていた元の会社の同僚が、ぜひ譲って欲しいと言ってきたので、
10月早々には譲渡する事になりました。

私よりかなり若い同期入社の彼は、夫とも親しかったし、お互いに性格もよくわかっていたので、
「〇さんが大事にしていたのは知っているから、僕も大事に乗らせてもらうよ」と言ってくれて、
私もそうしてもらえれば一番良いように思いました・・・夫もきっと喜んでくれるでしょう(^・^)


f0115935_2016720.jpg

さて、我が家のアイドル・タケちゃんは、今日もご機嫌うるわしく、
よく食べ、よく寝て、ちょびっと運動して・・・出すモノ出して、元気です^^;
f0115935_201836100.jpg

8月10日の葬儀の日、タケとみーちゃんは、一緒に1泊2日で病院へお泊りしました。
タケは慣れているけど、みーちゃんは普段「猫の病院」が掛かりつけなので、
心細くて泣いているんじゃないかと心配したものです。
ところが、シュンとしてばったり食欲が落ちてしまったのはタケの方で、
みーちゃんは、出されたものは見事に完食、元気でミャ~ミャ~言っていたそうです(笑

そんなワケで、タケの食欲が落ちた!なんて、ほとんど聞いた事も見た事もないので、
とっても期待して、何て可哀そうにと、うちへ戻って来たんだけど・・・・・
うちへ戻ったとたん、一気に取り戻すべく、まぁ・・・食べるわ、食べるわ・・・・・(*_*)
結局この時、体重は10gも減らなかったのでした。

せっかくなので一緒に血液検査もしてもらって、血小板や肝臓・腎臓などの数値も上々、
心臓の聴診も良好との事で、次回の検査は10月中旬の予定となっています(^・^)
by st-fukku | 2011-09-15 18:59 | Comments(14)